マサイマラ国立保護区 ヌー大移動 テント貸切 

サイトマップ
マサイマラ国立保護区でヌーの川渡りを狙う7日間

8

マサイマラ国立保護区でヌーの川渡りを狙う7日間

例年8月下旬から9月上旬頃、ケニア随一を誇る野生の宝庫マサイマラ保護区のマラ川では、新鮮な草を求め、ヌーが命がけで川を渡る姿が見られます。

今回のツアーでは、ヌーの大移動ポイントからわずか数百メートルと絶好のロケーションにある、【ハンマーコップ・マイグレーション・キャンプ】を貸切りました。ナイロビ⇔マサイマラ国立保護区の移動は空路ですので、お体にも優しい行程です。

100万頭を超えるヌーの大移動は一生に一度見たい光景です。

ツアーのポイント
★終日チャーター
★テント貸し切り
★川渡りポイントから近いテント宿泊


!!ご注意ください!!
ヌーの川渡りに特化したツアーです。ヌーの川渡りを優先に観察します(ほかの動物観察は川渡の兆候が見られない場合に行います)。


マサイマラ国立保護区 ヌー大移動 テント貸切 

2020年 8月22日 (土)  8日間

日程
旅行代金 799,000円
一人部屋追加料金 150,000円
ビジネスクラス追加代金 お問合せ下さい
予定空港税および燃油料 13,300円
(2019年3月現在)
備考:
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
生涯感動スタッフ同行日本発着英語ガイドお問合せ

添乗員 東京より生涯感動スタッフが同行いたします
最少催行人員 6名
日本発着利用予定航空会社 カタール航空、エミレーツ航空、エティハド航空、エールフランス航空
発着地 東京(成田または羽田)
食事 朝5回、昼5回、夕5回
利用予定ホテル マサイマラ国立保護区:ハンマーコップ・マイグレーション・キャンプ 【貸切5連泊】
※テントタイプの宿泊施設です
備考 ケニア入国には査証申請が必要です

見どころ

ヌーの大移動


この季節になると、ヌー、ガゼル、シマウマがセレンゲティ平原(タンザニア)からマサイマラ国立保護区(ケニア)へ移動します。彼らは新鮮な草を求め、雨を追いかけて2国間を行ったり来たりして生きています。 毎年7月ころ、タンザニアを出発しケニアのマサイマラを目指します。

しかし、青々とした新しい食料に到達するためには、動物たちは、腹ペコのワニが待つ危険なマラ川を渡らなければなりません。この大きな捕食者と川沿いの土手を登る行為は、言葉の通り命がけ。土手を超えた後も油断はできません。ライオン、ヒョウ、チーターたちが待ち受けています。

この何百万頭の野生動物の移動は、世界で最も壮観な光景の一つとして数えられています。

マサイマラ国立保護区


マサイマラ国立保護区は、ケニアの南西に位置しています。アフリカで最大の野生生物保護区の1つとしてあまりにも有名。タンザニアのセレンゲティ国立公園と共に、アフリカで最も多様な生態系を形成しています。 保護区は、1,510平方キロメートル、海抜1,500-2,170m。95種以上の哺乳類と、570以上の鳥が生息しています。野生動物観察には絶好の場所といえるでしょう。

ギャラリー


日程

日程 主な訪問地 時間 主な見どころ 食事/宿泊地
1
8/22
(土)
東京(羽田または成田) 空路、ナイロビへ(経由)
※羽田発の場合は翌日の便となります

なしなしなし

機内 泊

2
8/23
(日)
ナイロビ 午後 到着後、ウィルソン空港へ向かいます。
チャーター機にてマサイマラ国立公園へ
着後、キャンプへ向かいます

①夕方、早速ヌーの川渡りを狙います

なしなし夕食

マサイマラ国立保護区内 泊

3
8/24
(月)
マサイマラ国立保護区   ②マサイマラ国立保護区にてヌーの川渡りを狙います
 川渡りは、大移動の最大の難関です
 ヌーに立ちはだかる天敵ワニの姿も見られるかな

朝食昼食夕食

マサイマラ国立保護区内 泊

4
8/25
(火)
マサイマラ国立保護区   ③マサイマラ国立保護区にてヌーの川渡りを狙います
 同じ川では、シマウマが川を渡る姿も見られることが

朝食昼食夕食

マサイマラ国立保護区内 泊

5
8/26
(水)
マサイマラ国立保護区   ④マサイマラ国立保護区にてヌーの川渡りを狙います
 運よく観察できたら、他の野生動物も探しましょう

朝食昼食夕食

マサイマラ国立保護区内 泊

6
8/27
(木)
マサイマラ国立保護区   ⑤マサイマラ国立保護区にてヌーの川渡りを狙います
 運よく観察できたら、他の野生動物も探しましょう

朝食昼食夕食

マサイマラ国立保護区内 泊

7
8/28
(金)
マサイマラ国立保護区
ナイロビ
午前 小型機にてナイロビへ
着後、ジョモケニヤッタ空港へ
帰国の途へ(経由)

朝食弁当機内

機内 泊

8
8/29
(土)
東京(羽田または成田) 夕方 東京(羽田または成田)到着
お疲れさまでした

機内機内なし

宿泊・食事・装備

ハンマーコップ・マイグレーション・キャンプは、マサイマラ国立保護区の中心に位置するわずか7つのテントを保有する隠れ家的なサファリキャンプ。 小型機と4×4でのみアクセス可能で、公園の宿泊施設過密地域から離れたその立地は、野生動物撮影で疲れた身体を癒すにはベストです。マラ川の湾曲部分に立っているだけでなく、ヌーの川渡りポイントからわずか200mの好立地!!カバのプールもキャンプの周りにあります。
ロッジはマラ川沿いに立つ
ロッジはマラ川沿いに立つ
共有スペース
共有スペース
テント内一例
テント内一例