ペルー アマゾン 霊長類の楽園

サイトマップ
霊長類ファン必見! ペルーアマゾン『緑の楽園』で生息する希少生物に出逢う 

サキモンキー

11

霊長類ファン必見! ペルーアマゾン『緑の楽園』で生息する希少生物に出逢う 

タムシヤク・タワイヨ保護区は生物学者からアマゾンの『緑の楽園』と呼ばれ、 どの公園や保護区よりも多種多様な野生動物を見ることが出来ます。 その広さは約4500平方キロメートル。

1991年当初ペルー政府は、このエリアを明るい赤色の顔をした珍しいウアカリサル保護を目的に保護区に指定しましたが、その後、科学研究によって世界で最も豊富な植物、両生類、爬虫類、鳥類を保有する場所の一つであることが明らかになりました。この恵まれた環境で、最高の野生動物観察体験をしてみませんか。


ペルー アマゾン 霊長類の楽園

2019年10月23日(水)  11日間

日程
旅行代金 780,000円
一人部屋追加料金 70,000円
ビジネスクラス追加代金 お問い合わせください
予定空港税および燃油料 33,900円
(2018年4月現在)
備考:
アメリカ経由となりますので、ESTA(電子渡航許可)又はアメリカ査証の申請が必要となります。詳細は予約担当者へお問合せください。
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
生涯感動スタッフ同行日本発着英語ガイドお問合せ

添乗員 生涯感動スタッフが同行致します
最少催行人員 4名
日本発着利用予定航空会社 アメリカン航空、全日空、ユナイテッド航空、デルタ航空、アエロメヒコ
発着地 成田(日本国内線をご利用の方はお問い合わせ下さい)
食事 朝8回、昼8回、夕8回
利用予定ホテル リマ:ウィンダム・コスタ・デル・ソル・リマエアポート
イキトス:ダブルツリーヒルトン、エルドラド 又は同等クラスホテル
アマゾン:研究ロッジ

見どころ

脅威の生態系

多種多様な生態系は、訪れる人を魅了します。 それは鳥類、両生類、植物を研究している科学者を『傑出している』『珍しい』『普通ではない』とうならせるほど。近年も、カエルや蝶々の新種が報告され、サルの新種も研究されています。
また、600種類以上の鳥がこの保護区に生息しており、鳥好きの方にとってはまさに天国。
鳥例:ノドグロコウカンチョウ、ナナイロフウキンチョウ、ツメバケイ、ルリコンゴウインコなど
カオグロベニフウキンチョウ
カオグロベニフウキンチョウ
ヤドクガエル
ヤドクガエル
クチヒゲタマリン
クチヒゲタマリン

霊長類の宝庫

世界中の他のどの保護区や公園よりも多種多様なサルが生息しており、 その数は15種類から19種類。
その中でもサキ属について挙げると、保護区内には科学文献に記載がない種類が確認されています。 他のサキ属のサルとは違って、ここで見られる種類の顔には毛が無く、雄雌二形で、その他にもユニークな特徴を有しています。 この固有種に目をつけたジャニス・チズム博士は数年間調査対象とし、 2012年8月にメキシコシティで開催された国際霊長類学会にこの新種に関する論文を発表しました。
この希少種は研究所の後ろのトレイルで頻繁に姿を現わします。ハイキングをしながら探しましょう。



ギャラリー


日程

日程 主な訪問地 時間 主な見どころ 食事/宿泊地
1
10/23
(水)
東京(成田)

リマ
14:25

22:55
アエロメヒコ航空にて、空路リマへ(メキシコシティ経由)
**********日付変更線通過**********
到着後、徒歩にてホテルへ

なしなしなし

リマ 泊

2
10/24
(木)
リマ


イキトス
午前

午後
ホテルにて朝食。
徒歩にて空港へ。
航空機にて空路、イキトスへ。
イキトス到着後、スピードボートにてアマゾンへ向かいます。
【所要約4時間】その後、ロッジへ。
ロッジ到着。

朝食昼食夕食

アマゾン 泊

3
10/25
(金)
アマゾン 終日 終日保護区内を探検します。
当日の天候やコンディションにより、アクティビティを決定します。

【アクティビティ例】
●キャノピーでアマゾンを疾走
●ロッジの裏をハイキング
ピグミーマーモセット、ヨザル、ハリオマイコドリ、を高い確率で見ることができます。また、ブラックタマリン、セマダラタマリンやキヌバネドリも見られるかもしれません。
●タパへ湖へのカヌートリップ
●水に浸かった森へのカヌートリップ
ベンジャミンの巨木の中を進むとツメバケイ、ツノサケビドリが見られるでしょう。プラットフォームでのカイマン探しもします。
●カエルさがし
タラフィルム森林までモーターボートで行き、ハイキングしながらヤドクガエルを探します。
●コウモリのいる洞窟探検
勇気のある方は、洞窟内をどんどん突き進みましょう。
●ピンクドルフィン探し
途中にはリスザルやナマケモノ、猛禽類が見られるでしょう。
●ピラニアフィッシング

朝食弁当夕食

アマゾン 泊

4
10/26
(土)
アマゾン   ボートで研究所を目指します。
途中、コウモリ、ナマケモノ、サル、猛禽類、オオハシが見られるでしょう。

前日宿泊したロッジよりも奥地にあり、より多くの野生動物にあうことができます。

朝食昼食夕食

ロッジ泊

5
10/27
(日)
アマゾン   ハイキングをお楽しみください。

研究所付近には、100km以上のトレイルがあり、トレイル上にはカプチンサル、サキサル、リスザル、ティティモンキー、ピグミーマーモセットなどなど、沢山の異なる種類のサルが生息しています。

朝食昼食夕食

ロッジ泊

6
10/28
(月)
アマゾン   引き続き、ハイキングをお楽しみください。

サルの他にも鳥の楽園で、600種以上の鳥が生息しています。
ここでの滞在は、バーダーと自然好きの方には素晴らしい経験となるでしょう。

朝食昼食夕食

ロッジ泊

7
10/29
(火)
アマゾン   ハイキング最終日。
今まで会えなかった生物に会う最後のチャンスです。

ロッジ周辺のトレイルには、2012年の学会で新種として発表されたサキサルが生息しています。4泊の滞在中、果たして彼らにあうことが出来るでしょうか。

朝食昼食夕食

ロッジ泊

8
10/30
(水)
アマゾン


イキトス
午前

午後
朝食後、スピードボートにてメインロッジへ戻ります。
ロッジにて昼食。
スピードボートにてイキトスへ。
イキトス着。

朝食昼食夕食

イキトス 泊

9
10/31
(木)
イキトス

リマ
08:14
10:01

16:50
22:05
専用車にて空港へ
航空機にて空路リマへ。
到着後、リマ観光。
空港へ。
アエロメヒコ航空にてメキシコシティへ
着後、お乗り継ぎ。

朝食昼食夕食

機内泊

10
11/1
(金)
メキシコシティ 00:05 アエロメヒコ航空にて帰国の途へ

なし機内機内

機内泊

11
11/2
(土)
東京(成田) 06:20 成田空港到着。

機内機内なし

※現地の天候、飛行機の遅延、ストライキ等により日程が変更になる場合がございます。
※大自然の中を探検するため、記載の野生動物に必ずあえるとは限りません。

宿泊・食事・装備

アマゾンでの宿泊施設について

4〜8日目(4泊)の宿泊は研究所のため、簡易宿泊施設です。 トイレ、シャワーは共同です。

2〜8日目(6泊)環境保護のため、水シャワー利用となりますこと、ご容赦くださいませ。日が出ているうちは気温が高いため、それほど気になりません。