イエローナイフ

サイトマップ
オーロラ観賞3日間付!湖畔ロッジに滞在する極北の神秘に触れる旅 イエローナイフ7日間

(c)blachford lake lodge

7

オーロラ観賞3日間付!湖畔ロッジに滞在する極北の神秘に触れる旅 イエローナイフ7日間

≪上質なオーロラに会いに行く
イエローナイフ郊外のブラッチフォードレイクロッジに3連泊滞在≫

夜空にオーロラの舞う地、カナダ、ノースウェスト準州の準州都イエローナイフから約20〜25分の雪上飛行機にてプライベート感のあるブラッチフォードレイクに滞在します。
イエローナイフでのオーロラ鑑賞と合わせて合計3回のオーロラ鑑賞のチャンス。
極北の大地でカナディアンホスピタリティーを満喫しながらのオーロラ体験をご提案します。

⇒動画はこちらから、ご視聴ください


イエローナイフ

2017年 3月1日 (水)  7日間

日程
旅行代金 550,000円
一人部屋追加料金 113,000円
ビジネスクラス追加代金 お問合せください。
予定空港税および燃油料 4,730円
(2016年7月現在)
備考:
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
生涯感動スタッフ同行日本発着現地日本語ガイドお問合せ

添乗員 添乗員同行(生涯感動スタッフ)
最少催行人員 6名
日本発着利用予定航空会社 エアカナダ(エコノミークラス)
発着地 成田(日本国内線をご利用の方はお問い合わせください)
食事 朝3回、昼2回、夕5回(機内食は含みません)
利用予定ホテル イエローナイフ/クオリティーイン&スイーツまたは同等クラスホテル
ブラッチフォードレイク/ブラッチフォードレイクロッジ
備考 ・送迎および観光は混載(他のお客様と一緒)になる場合がございます。

・旅行代金に含まれるもの
燃油サーチャージ、諸税、旅行保険
日程表に記載されたお食事、送迎、ホテル宿泊
イエローナイフ〜ブラッチフォードレイクの往復の雪上飛行機
ブラッチフォード滞在中の防寒服レンタル(パーカー、スノーパンツ、ブーツ)
ブラッチフォードレイクにて釣りをご希望される場合のフィッシングライセンス代$40

・パスポートの残存有効期限の不足、及び査証(ビザ)の不備等には十分ご注意ください。
お客様ご自身がご確認されない場合は、当社として責任を負いかねます。ご了承ください。
・2016/3/15以降、カナダの入国にはeTAの登録が必要となります。詳細は予約担当者へご確認ください。
・アメリカ経由(乗継)をしないカナダへの渡航は電子渡航認証システム・エスタ(ESTA)申請不要です。(2016年7月現在)

見どころ

ウィリアム王子とキャサリン王妃も新婚旅行で訪れたブラッチフォードレイクロッジ

オーロラの鑑賞地として世界的にも有名なイエローナイフの街から約100km離れたプライベート感あふれるブラッチフォードレイクロッジには2011年の夏、ウィリアム王子とキャサリン王妃も訪れています。
街の明かりが届かない湖畔の一軒屋なのでロッジからオーロラが観察できます。
そのため時間に制限はありません。一歩外に出ればそこに広がる360度の大自然でこころゆくまでオーロラをお楽しみください。
冬のロッジはオーロラ観察はもちろん、スノーモービル、クロスカントリースキー、アイスフィッシングなど日中のアクティビティも充実しています。
ジャグジーやサウナもあり、極北の大自然にありながら、素朴でやさしいカナディアンホスピタリティーを満喫できるロッジです。



最もオーロラで有名な街“イエローナイフ”

ノースウエスト準州の準州都であるイエローナイフはグレートスレーブ湖の北に位置し、人口約19000人、19世紀ののゴールドラッシュ時代に人口が増えた街でもありましたが現在は全ての金鉱が閉鎖、代わりにダイヤモンド鉱業の中心都市として栄えています。
この街を有名にしているのはオーロラベルトの真下にあり、かつ乾燥した気候が晴天率を上げ、世界でももっともオーロラが鑑賞しやすい場所のひとつだということです。


心行くまでオーロラを

オーロラは太陽の活動により飛んでくる粒子が、地磁気極周辺を取り囲んだドーナツ状の「オーロラオーバル」と呼ばれる周辺で衝突することによって現れる放電現象です。 空気中の原子や分子の種類によって、緑や赤などのさまざまな色が現れます。
オーロラオーバルの真下に位置するイエローナイフは、比較的晴天の日も多くオーロラ観察に最適な条件がそろっているため、美しいオーロラが観察されやすいのです。


日程

日程 主な訪問地 時間 主な見どころ 食事/宿泊地
1 東京(成田空港)

イエローナイフ
午後






航空機にて空路、1回又は2回経由にてイエローナイフ空港へ。
---------------日付変更線通過---------------
イエローナイフ着後、空港シャトルバスにて市内ホテルへ。
着後チェックイン。
ホテル又は市内レストランにて夕食。

機内なし夕食

イエローナイフ泊

2 イエローナイフホテル


ブラッチフォードレイク





深夜
出発までゆっくりとお過ごしください。
防寒服のサイズあわせをします(パーカー、スノーパンツ、ブーツのレンタルが付いています。)
タクシーにてスキープレーン発着場へ。 
着後チェックイン。
スキープレーンにてブラッチフォードレイクへ。
着後、徒歩にてロッジへ。
ロッジにて夕食
街の灯が届かない湖畔に建つロッジにてオーロラ鑑賞お楽しみください。
※滞在中の全てのお食事、スナックが含まれています。

なしなし夕食

ブラッチフォードレイク泊

3 ブラッチフォードレイク







深夜
ロッジにて朝食
カナダ生まれのスノーモービルで雪原のクルージングをお楽しみください。(2時間)
スノーモービル後、イグルー(かまくら)作りを体験。
アクティビティー後、各自自由行動。
ご自由にアクティビティー等お楽しみください。
(※スノーシュー、スキーのレンタル、アイススケート、ソリ、ジャグジー、サウナは無料となっております。)
夜はオーロラ鑑賞をお楽しみください。
※天候によりアクティビティが催行できない場合もございます。
※滞在中の全てのお食事、スナックが含まれています。

朝食昼食夕食

ブラッチフォードレイク泊

4 ブラッチフォードレイク





深夜
ロッジにて朝食。
カナダ生まれのスノーモービルで雪原のクルージングをお楽しみください。(2時間)
スノーモービル後、アイスフィッシングへ。(現地の状況によってアクティビティーの順番は変動します。)
アクティビティー後、各自自由行動。ご自由にアクティビティー等お楽しみください。
(※スノーシュー、スキーのレンタル、アイススケート、ソリ、ジャグジー、サウナは無料となっております。)
夜はオーロラ鑑賞をお楽しみください。
※天候によりアクティビティが催行できない場合もございます。
※滞在中の全てのお食事、スナックが含まれています。

朝食昼食夕食

ブラッチフォードレイク泊

5 ブラッチフォードレイク


イエローナイフ



ロッジにて朝食。
各自自由行動。出発までご自由にお楽しみください。
(※スノーシュー、スキーのレンタル、アイススケート、ソリ、ジャグジー、サウナは無料となっております。)
スキープレーンにてイエローナイフへ。
着後、タクシーにてイエローナイフ市内ホテルへ。 
着後、チェックイン。
ホテル又は市内レストランに夕食。

朝食なし夕食

イエローナイフ泊

6 イエローナイフ 午前
空港シャトルバスにてイエローナイフ空港へ。
着後チェックイン。
航空機にて空路、1回又は2回経由にて東京(成田空港)へ。

なしなし機内

機内泊

7 東京(成田空港) 午後 東京(成田空港)着。
お疲れ様でした。

なしなしなし

宿泊・食事・装備

宿泊について

●イエローナイフ
イエローナイフは小さな町ですが、12月〜3月は最低気温がマイナス40℃を下回ることもあり、雪深いので、レストランやお土産を購入するのに便利な町の中のホテルをご案内します。
イメージ:イエローナイフホテル一例

●ブラッチフォードレイク
グレイトスレイブ湖の東に位置するブラッチフォードレイクロッジへはスキーをつけた小型飛行機にてアクセスします。1981年に設立されたロッジはメインロッジをはじめ、5つの小さなキャビンを含め合計26名のゲストがご宿泊いただけます。
ソーラー発電を使ったり、死んでしまった木を使った薪ストーブなど自然にやさしいロッジでありながらおいしい料理に暖かいシャワーが用意され、快適な滞在をお約束いたします。
イメージ:(C) Blachford Lake Lodge
イエローナイフホテル一例
イエローナイフホテル一例
(C) Blachford Lake Lodge
(C) Blachford Lake Lodge
(C) Blachford Lake Lodge
(C) Blachford Lake Lodge

気候について

イエローナイフ 平均気温(℃) 降雪量(cm) 時刻
シーズン 最高 最低 日の出 日の入
12月 -20 -28 16 9:37 15:16
1月 -23 -31 14 10:05 15:17
2月 -19 -28 13 9:04 16:38
3月 -11 -23 13 7:38 20:00
4月 0 -11 10 6:56 20:25
ツアーの実施は日本から考えますと極寒の時期と言える季節です。最高気温が0度を下回り、冷え込む場合はマイナス40℃などとなることもありますので、防寒着(パーカー、スノーパンツ、ブーツ)をレンタルが含まれております。 厚い手袋、耳まで隠れる毛糸の帽子など暖かい格好をご用意ください。 ロッジの中および、ホテル内はとても暖かく過ごせます。 また、オーロラを撮影されたい場合、カメラの電池はすぐに充電が切れてしまうなどの症状が出ます。 多めにお持ちいただくか、常に電池をあたためるなどの対策が必要です。