カリブー ツンドラ紅葉

サイトマップ
カリブーの移動、満天のオーロラ&赤い絨毯ツンドラ紅葉の旅 

10

カリブーの移動、満天のオーロラ&赤い絨毯ツンドラ紅葉の旅 

北極圏の遠征を6度も成功させた、カナダを代表する冒険家がオーナーを務めるロッジ。
極北イエローナイフからチャーター機でエナダイレイクにあるロッジの目の前に着陸します。
ノースアメリカで最も大きいカリブーの群れ(35万頭)の移動上にあるエナダイレイク。
8月、9月になるとヌナブト準州の南西部に散らばるように移動を開始します。
真っ赤に燃えるようなツンドラ紅葉の中、カリブーが移動をする模様は圧巻です。
夜には空中に広がるオーロラを眺めながら、快適なロッジでの滞在。
極北カナダならではの醍醐味です。


カリブー ツンドラ紅葉

2020年 9月13日 (日)  10日間

日程
旅行代金 1,140,000円
一人部屋追加料金 250,000円(空室がある場合のみ)
ビジネスクラス追加代金 お問い合わせください。
予定空港税および燃油料 28,420円
(2019年6月現在)
備考:
カナダ入国には、ETA(電子渡航許可)の申請が必要です
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
生涯感動スタッフ同行日本発着英語ガイドお問合せ

添乗員 添乗員同行(生涯感動スタッフ)
最少催行人員 5名
日本発着利用予定航空会社 エアカナダ(エコノミークラス)
発着地 成田(日本国内線をご利用の方はお問い合わせください)
食事 朝7回、昼6回、夕7回(機内食は含みません)
利用予定ホテル イエローナイフ/エクスプローラーホテル   または同等クラスホテル
カミンヨーリーアック/アークティックヘブンロッジ

見どころ

カリブーの移動

太古の昔から連綿と続くカミヌリアックカリブーたちの大移動。 35万頭とも言われるカリブーの大移動。そんな神秘の光景を目の当たりにするチャンスがあるのは カナダの極北ハドソン湾西のバレンズランズに建つアークティックヘブンロッジ。 このロッジを起点に、春の出産のために移動するカリブーたちの大移動を追っていきます。



北極圏の達人が営むアークティックヘブンロッジ

カナダを代表する冒険家・リチャード・ウェバー氏がオーナーを務めるアークティックヘブンロッジ。 リチャード氏はカナダ北極圏から、北極点を無補給・徒歩で往復をした世界で僅か2名しかいない、その1人です。 極北での滞在とは言っても、食事、滞在施設にも気を配られていて、快適な時間を過ごすことができます。 夜には暖炉を囲んで、リチャードの探検談に耳を傾けてみませんか!!
ロッジの食事
ロッジの食事
ロッジの食事
ロッジの食事
ロッジの食事
ロッジの食事
ロッジ外観
ロッジ外観
ロッジ客室
ロッジ客室
アークティックヘブンロッジ周辺
アークティックヘブンロッジ周辺

エナダイレイク

アークティックヘブンのあるエナダイレイクは、カナダ北部の不毛な地にある最も素晴らしい湖の1つです。 カリブーの他にも狼、クズリ、ブラックベア、グリズリーベアなど沢山の野生動物が生息しています。 鳥たちの種類も豊富でコハクチョウ、トウゾクカモメ、イヌワシなども観察されています。



トラウトフィッシング

エナダイレイクには様々な魚が生息しています。 食べても美味しい“レイクトラウト”、北半球で見られる長い顎を持ったアグレッシブな魚“カワカマス”、 5つの亜種を持つサーモンの仲間“カワヒメマス”、主に網漁で獲られる“コチマス”など、釣りをお楽しみください。



全方位にきらめくオーロラ

ロッジの上空はオーロラベルトに位置しています。 宿泊者のみのプライベートのオーロラがロッジの窓、デッキ、丘の上からなど思い思いの場所から観察、撮影ができます。 一晩中ご覧になられても飽きることはありません。 極北のオーロラスペクタクルをお楽しみいただけます。



ギャラリー


日程

日程 主な訪問地 時間 主な見どころ 食事/宿泊地
1
9/13
(日)
成田空港発
(カナダ都市経由)
イエローナイフ空港着/発
イエローナイフホテル着
  航空機にて空路、イエローナイフへ(カナダ都市経由)
---------------日付変更線通過---------------
イエローナイフ着後、シャトルバスにて市内ホテルへ
着後チェックイン
ホテルにて夕食

なしなし機内

イエローナイフ泊

2
9/14
(月)
イエローナイフホテル発

イエローナイフ空港発
アークティックヘブンロッジ着
午前


午後
シャトルバス又はタクシーにてイエローナイフ空港へ
着後チェックイン
800km離れたヌナブト準州のアークティックヘブンロッジへ
着後、チェックイン

ロッジの施設のご案内及び滞在方法などのレクチャーがあります
夕食の時間までロッジ周辺の散策をお楽しみください

手つかずの自然の中、ワイルドライフをお楽しみください
フィッシング、カリブーウォッチング、紅葉散策、ベリー摘みなど多彩なアクティビティーが日替わりでございます

夜はロッジからオーロラをご覧ください

朝食なし夕食

アークティックヘブンロッジ泊

3
9/15
(土)
アークティックヘブンロッジ
  ボートにてワイルドライフウォッチングをお楽しみください
カリブー、オオカミ、クズリを探してみましょう
エナダイレイクに流れ込む川の河口部などは、陸と陸をつなぐ狭い浅瀬になっています
カリブーが泳いで渡るシーンなどに巡り合えるチャンスがあります
夜はロッジからオーロラをご覧ください

朝食昼食夕食

アークティックヘブンロッジ泊

4
9/16
(水)
アークティックヘブンロッジ
  エナダイレイク周辺でアクティビティーをお楽しみください
ボートで30分ほどのカリブーアイランドを訪れます
このエリアではしばしば20頭を超えるカリブーが やってきます
ロッジが保有するキャビンもアイランドとなっており、
その目の前が“ワイルドライフハイウェイ”動物の通り道となっています
夜はロッジからオーロラをご覧ください

朝食昼食夕食

アークティックヘブンロッジ泊

5
9/17
(木)
アークティックヘブンロッジ
  エナダイレイク周辺でアクティビティーをお楽しみください
この日はエナダイレイクの北端までお連れします
より多くのカリブーやオオカミが出現する場所と知られています
このエリアは1000年以上前によいハンティングの地として、
先住民が狩猟の場としていました
夜はロッジからオーロラをご覧ください

朝食昼食夕食

アークティックヘブンロッジ泊

6
9/18
(金)
アークティックヘブンロッジ   引き続き、カリブー観察をお楽しみください

天候や野生動物の行動パターンが予測不可能なため、自然環境によって、ガイドが毎日のベストアクティビティーを案内してくれます

朝食昼食夕食

アークティックヘブンロッジ泊

7
9/19
(土)
アークティックヘブンロッジ   引き続き、カリブー観察をお楽しみください

北米最大級の群れが北極の荒野を歩く姿を観察しましょう
何十万ものカリブーの群れが散らばり、ツンドラの上を歩きます
時には数メートル以内の距離でカリブーを観察できることも

朝食昼食夕食

アークティックヘブンロッジ泊

8
9/20
(木)
アークティックヘブンロッジ発
イエローナイフ
午後
ロッジにて朝食
出発まで極北の自然をお楽しみください
チャーター機にてイエローナイフへ
着後、ホテルに向かいます
ホテルにて夕食

朝食昼食夕食

イエローナイフ泊

9
9/21
(金)
イエローナイフホテル発
イエローナイフ空港発
(カナダ都市経由)
  シャトルバスにて、イエローナイフ空港へ
着後チェックイン
航空機にて空路、成田へ(カナダ都市経由)

なしなし機内

機内泊

10
9/22
(火)
成田空港着
  お疲れ様でした

なしなしなし

宿泊・食事・装備

気候について

  平均気温(℃) 降水量(mm)
9月 最高 最低
イエローナイフ 10 4 30
エナダイレイク 9 2 31

冬に向けて、冷え込みはじめる時期です。長袖のシャツ、長スボン、ウィンドブレーカーか薄手のダウンジャケット、セーターやフリースがお勧めです。オーロラ鑑賞などをする夜間は、日本の冬の冷え込みです。 フリースやセーター、ニット帽やマフラー、手袋は必携です。

電圧について

カナダ 110V/60Hz、A型 日本とは電圧が異なりますので、精密機器や消費電力の大きなものをご利用の場合は変圧器が必要になります。 プラグタイプは日本と同様のAタイプです。