>添乗レポート一覧TOP

フォークランド諸島

南極に程近い、フォークランド諸島に行ってきました。
キングペンギン、ジェンツーペンギン、マカロニペンギン、マゼランペンギン、ロックホッパーという5種類のペンギン、カラカラなどフォークランド固有種、マユグロアホウドリなど、野生動物と驚くべき近さで会ってきました。
まずは、シーライオン・アイランドへ。 シーライオン島のホテルはSea Lion Lodgeです。
シーライオン島は、ウール生産のために羊の放牧場が多く作られました。現在では、ウールのビジネスは廃れており、野生動物天国となっています。
ジェントゥーペンギン、イワトビペンギン、マゼランペンギンが生息しています。
シーライオン島では、象アザラシ、アメリカミヤコドリ、ジェンツーペンギンに出逢うことができました。
フォークランド諸島では、オルカ(シャチ)、ブルー ・ アイド ・南極鵜、サウザンシーライオン、アホウドリ、ロックホッパーペンギン、イワトビペンギン、マゼランペンギンに出逢うことができました。
フォークランド諸島の首都・スタンリーを観光しました。
人口は約2,200人ほどの小さな港町ですが、フォークランド諸島では一番大きな町です。
解放記念碑、クライストチャーチ大聖堂、郵便局などを巡りました。
フォークランド諸島での食事です。

地図

添乗員レポートを書いた生涯感動スタッフ・板倉

板倉
板倉 知一
人生で最も刺激や感動を得られるのは旅ですが、インターネットが普及し、情報過多の世の中で本物の旅を探すのは至難の業です。
皆様の大事な休日のご提案はお任せください。
生涯感動へと誘います。

▲ページ上部へ